🌱🌸笑う門には福来る🌸 🌱🌟少納言日記🌟

人類は一つのとても効果的な武器をもっている。それは笑いだ🌼 by マーク・トウェイン 

ピアノの詩人🌿フレデリック ショパン様🎹 貴方の心❤️は祖国ポーランドに🇵🇱✨

f:id:syounagon:20211024195545j:plain

ピアノの詩人🎹 フレデリック ショパン様🌿

 

先日の、ショパンコンクール🎹快挙でしたね🌟

若手ピアニストの登竜門「ショパン国際ピアノ・コンクール」

日本人ピアニストの反田恭平さん(27)が2位

山口県出身の小林愛実さん(26)も4位 入賞🏅🌟

素晴らしいニュースにワクワクしました💖

特に、小林愛実様は、プレジデントファミリー📗に小さな頃に載っていたのを覚えています。

素晴らしきかな、若人よ🌿

 輝かしい未来を応援し続けます🌟


www.youtube.com


www.youtube.com

ピアノの詩人と呼ばれたショパン様、

彼の人生もなんともロマンチックなものでありました🌸

男装の麗人 ジョルジュ サンド様との恋

そして、祖国ポーランド🇵🇱への想い

故国への思いと恋がはぐくんだショパンの名曲の数々 | スガナミ中古ピアノ

↑リンクは詳しくショパンの障害について書いてあります。一部引用致します🌼

ショパンの作曲家としての生涯は、「ポロネーズ」で始まり「マズルカ」で終わりました。

つまり、故国ポーランドをテーマした楽曲の数々が、ショパンの人生を貫いていたのです。ポーランドで生まれたフレデリック・ショパンが、心から愛した故郷で過ごしたのはわずか20年でした。

人生の半分は、故国の外で過ごしています。にもかかわらず、ショパンの音楽はポーランドへの思いを抜きには語れません。
そしてもうひとつ、ショパンの音楽を語るのに必要な要素が「恋」でした。「ピアノの詩人」といわれたショパンを詩人足らしめたのは、故郷への熱い思いと女性への愛でした。

 

ショパンは、苦難の歴史をたどった祖国に深い想いを寄せていました。

その地を踏むことがなかったポーランド🇵🇱

彼は、遺言により心臓はポーランドに帰りました、

[http:// ]