🌱🌸笑う門には福来る🌸 🌱🌟少納言日記🌟

人類は一つのとても効果的な武器をもっている。それは笑いだ🌼 by マーク・トウェイン 

【伊勢 いせ】(19番)難波潟 みじかき芦の ふしの間も 逢はでこの世を 過ぐしてよとや🌹

伊勢(19番)『新古今集』恋一・1049

難波潟 みじかき芦の ふしの間も 逢はでこの世を 過ぐしてよとや🌹

〜難波潟の入り江に茂っている芦の、

短い節と節の間のような短い時間でさえもお会いしたいのに、

それも叶わず、この世を過していけとおっしゃるのでしょうか。

 

🌹伊勢(いせ 875?~938年?)🌹

平安時代初期の人で、伊勢守・藤原継蔭の娘

宇多天皇の后・温子様に女官として仕えていました。

後に天皇の寵愛をうけて御息所(みやすんどころ)とも呼ばれました。  

伊勢は皇子を出産しましたが、

敦慶親王や后の弟である藤原仲平にも愛されるなど、

伊勢は容貌や心情の美しい女性だと伝えられているだけでなく、

和歌にも優れ、藤原公任が選んだ三十六歌仙の一人にも数えられています 。

娘の中務も三十六歌仙🌸

 

【資料🌹】

なんと、こちらの宇多天皇うだてんのう

お猫様をとても愛して(それもツンデレ😊)

帝自ら愛猫にミルク粥を与えておられたとか(๑>◡<๑)💖

↓詳しくはこちらの記事がおすすめです🌟

宇多天皇は、学問の神様とも呼ばれる菅原道真 すがわらのみちざね公を重用しました。

(宇多天皇は、光孝天皇 こうこうてんのうの皇子です👑)

そして、これがネコ様愛溢れる

『宇多天皇御記』うだてんのうぎょき(または、寛平御記 かんぴょう ぎょき )

朕の閑時に、猫の消息を述べて曰ふ。
 驪猫一隻、大宰大弐源精の秩満ちて来朝し、先帝に献ずる所なり。
(『寛平御記』寛平元年2月6日条)

ネコ様🐱は、大宰大弐だざいのだいに(大宰府の次官)であった源精が、光孝天皇に献上したものです。

純黒色の名馬🐎を表す「驪」を冠しているので黒猫だったようです。

 その毛色、類はず愛しき云々。皆、浅黒色なるに、此れ独り黒く墨の如し。
 其の形容を為すは、ああ、韓盧に似たり。長さ尺有五寸、高さ六寸ばかり。
 其の屈するは秬粒の如くして、其の伸びるは長き弓を張るが如し。
 眼睛晶□、針□の乱の如し。眩鋒の直竪の起き上がるが如く揺れず。
 其の伏臥する時、団円して足尾見えず。宛も堀中の玄璧の如し。
 其の行歩する時、寂寞にして音声聞こえず。恰も雲上の黒龍🐉の如し。
 性、道行を好み、五禽に暗合す。常に頭を低くし、尾を地に著く。

しかるに背脊を聳せば高さ二尺ばかりなり。毛色、□澤盖、是に由るや。
 亦、能く夜鼠を捕らへること、他猫に勝る。
(『寛平御記』寛平元年2月6日条)

 

難しい漢字だらけだけど、うちの猫さん🐈は、墨のように黒いんだ💖

韓盧 つまり韓の国の名犬みたいなんだ🐕‍🦺

伏せてる時は足も尻尾も見えなくて 黒い宝玉のようなんだよ💞

歩く時はひっそりと音を立てず 雲の上の黒龍🐉のよう💕

鼠を獲るのも、うちの子が一番すごいんだよ💞

ネコ様🐱への愛が溢れているっ ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

ネコ様🐱愛といえば、一条天皇いちじょうてんのう

ぜひこちらの記事を読んでくださいませ🤗

清少納言の枕草子にもバッチリ書かれておりまする😂


 

 

【資料🌸】

 

 

 

 

[http:// ]