🌱🌸笑う門には福来る🌸 🌱🌟少納言日記🌟

人類は一つのとても効果的な武器をもっている。それは笑いだ🌼 by マーク・トウェイン 

我はマロンなり🐱 英国の登山家マロリー殿は申された。「そこに山があるから🗻」〜エベレスト世界初登頂は果たされたのか?

沈黙の山嶺(上) 第一次世界大戦とマロリーのエヴェレスト 単行本 –

我は、マロンと申す🐱

タンスでもテレビでも自由に登って遊んでおる( ̄(工) ̄)

「 悪事の現行犯見つけたり👀」と下僕1号👩は渋い顔をするが、

高いところを見たら登りたがるというのが我らネコ族である🐱

下僕2号👨が走る🏃‍♂️のも、ネコ族と登るのも同じなのかもしれん😅

「何故に山に登るのか?」と問われたとき、

英国の登山家ジョージ・マロリー殿は申された。

「そこに山があるから🗻」

 

ジョージ・ハーバート・リー・マロリー殿は、英国の登山家🇬🇧である。

1920年代にイギリスが国威発揚をかけた3度のエベレスト遠征隊⛰に参加。

1924年6月の第3次遠征において、

マロリー殿はパートナーのアンドルー・アーヴィン殿と共に頂上を目指した。

しかし、北東稜の上部、頂上付近で行方不明となったそうだ。

マロリー殿の最期は死後75年にわたって謎に包まれていたが、

1999年5月1日に国際探索隊によってご遺体が発見された😢

世界初の登頂を果たしたか否かは、未だに論議を呼んでいるとのことである。

 



リンクより引用🗻

今から100年近く前、英国人登山家のサンディ・アービンとジョージ・マロリーは、エベレストの頂上付近で消息を絶った。

二人はエドモンド・ヒラリーとテンジン・ノルゲイが世界最高峰に初登頂した29年も前に、その偉業を遂げていたかもしれない。

登山史を覆す証拠を求めて危険な山に挑んだ調査隊は、そこで何を見たのか?‥

マロリー殿については、映画や本も多い。

自然はなかなか厳しく、人間に対して冷徹である。

それでもなお、山に登ろうとする人間達、

我はなんとなく気持ちが分かるのだ。

自然の美しさは、無条件に心を奪う魔力があるのだと思う。

[http:// ]