🌱🌸笑う門には福来る🌸 🌱笑顔応援隊i 少納言日記🌟

人類は一つのとても効果的な武器をもっている。それは笑いだ🌼 by マーク・トウェイン 

天智天皇の都 「大津京」🌸〜大津市は万葉のロマンがいっぱいよ💖

f:id:syounagon:20211003211135j:plain

f:id:syounagon:20211003211218j:plain

日本画家 鈴木靖将画 大津市役所に飾られている「大津京を彩った人たち」

 

現在、背の君👨‍💼は万葉の時代にハマっている💧

それはそれで良いのですが、

53歳児の「なんでなんで?」砲に被弾するのは少納言👩

それも いきなり発砲する‥( ̄(工) ̄)

範囲広すぎやろっ(`・ω・´)

 

背の君👨‍💼

「草壁皇子くさかべのみこって誰だっけ?」

‥天武天皇と持統天皇の皇子だよー 体が弱くて早く亡くなったの

「大津皇子おおつのみこってなんで殺されたの?」

‥天武天皇と持統天皇のお姉さんの息子さんで、

立派な方だったんだけどそれ故に 草壁皇子を皇位につけたかった持統天皇に粛清されたの。

今、読んでるのがこれね🌟

f:id:syounagon:20211003211125j:plain

 

こちらの本には、日本画家の鈴木靖将 すずき やすまさ様の絵が載っています。

鈴木靖将(1944年~)は、滋賀県大津市生まれの日本画家。

万葉集を題材に創作を続けておられます。

新美南吉の童話絵本に取り組み、10冊の絵本を出版しています。

上リンク一部引用🌸

「僕が、万葉に目覚めていくのは、昭和49(1974)年に、大津京の遺構が発掘された頃からですね。実は、天智天皇陵は山科にあるのですが、都の位置がはっきりしていませんでした。大津京時代は、5年余と短かったのですが、万葉集は充実期を迎えました。」

「柿本人麻呂は、壬申の乱以降、第2期の代表的な歌人ですが、672年の壬申の乱で滅亡してから16年後ぐらいに、近江大津宮を訪れ、往事を偲んで、

『近江の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 心もしのに いにしえ思ほゆ』の他、6首も有名な歌を詠んでいます。」

「おっ、オレの住んでいるところは、日本の歴史の重要な舞台やったんや、と気づいて、詠まれた歌の背景や歴史を調べていくと、出るわ、出るわ、おもしろいことがぞくぞく出てきたんで、さらに夢中になって、万葉の世界を描くようになりました。」

 

少納言👩は笑顔応援隊iの仕事で大津市役所の会議室にうかがいました。

その時、飾られていたのが

鈴木靖将様の「大津京を彩った人たち」

上の絵です。

絵の登場人物は、まさに万葉の時代を彩った歴史上の人物🌟

天智天皇 額田王 天武天皇 持統天皇 藤原鎌足 大友皇子に藤原鎌足

楽しそうに遊ぶ大津皇子 草壁皇子‥ここら辺は切なくなる😭

思わず引き込まれ、美しい万葉歌などを思い出しつつも、

絵の登場人物が 美しく優雅で清らかであるほど

歴史の残酷さや厳しさを突きつけられます。

大津が都であったのは、たった五年とはいえ歴史の重要な転換点でもありました。

 


www.youtube.com


www.youtube.com