🌱🌸笑う門には福来る🌸🌱🌟少納言日記🌟ラフターヨガ💖笑顔応援隊 i💖

笑顔応援隊 iの世界三大美女👸👱‍♀️👩の一人、女官少納言の日記でございます🌿

姿を見るだけで震え上がりそうなペスト医師のコスチューム😭防護服の先駆け?🏥

f:id:syounagon:20210610102810p:plain

長いローブ、ツバの広い帽子、手袋🧤ペストマスク🐦

それに木の枝がペスト医師のユニホーム

長いローブ、ツバの広い帽子、手袋🧤ペストマスク🐦

それに木の枝がペスト医師のユニホーム

!(◎_◎;)

具合悪い時に来られたらマジ泣きする自信あるわ💦

・°°・(>_<)・°°・。

 

最初、見たときは不気味で怖いと思いましたが、

長いガウンは防護服。

木の枝は、直接患者に触れることなく診察するため🌿

マスクの鳥のクチバシの部分には、ハーブ🍃や香料、ワラなどがつめてあったそうです。

ハーブ🌿や香料は瘴気を発する「悪性の空気」から守り、ワラはフィルター代わり🌟

わかりますねんけど、怖いんですがっ

(´;ω;`)

と言いつつも、防護服の先駆け🏥

身体全体を覆うこと、メガネ、手袋が必須というのは、

ペスト医師の頃から既に経験的にわかっていたのかもしれません🥼

f:id:syounagon:20210610111851j:plain

f:id:syounagon:20210610111909j:plain

 

いまでも使われているようなマスクの開発と普及に貢献したのが、マレーシア生まれの中国系医師、伍連徳(ごれんとく、Wu Lien-the)だとされています👨‍⚕️

彼は第三のパンデミック、とくに1910-11年に発生した満州ペストの原因究明と対応にあたりました。そして当時の中国では稀であった感染者の病理解剖を行うなどして、感染が呼吸器飛沫によるものであることをつきとめました。

そして飛沫感染防止のためのマスクの開発に着手したのです🌿

 

💠上リンクより引用💠

連徳は、腺ペストへの対処法を探るため、中国で初となる遺体解剖に踏み切りました。

これには中国の文化的背景から猛烈な反対抗議が起こったようです。

しかし、解剖のおかげで連徳は、ある新しい考えにたどりつきました。

それは腺ペストの原因であるペスト菌が「ノミやネズミによって伝染するのではなく、人の唾液によって媒介される」というものでした。

つまり、彼は今の私たちには聞き慣れた「飛沫感染」の存在に気づいたのです。

連徳はすぐさま防疫マスクを導入し、ガーゼや保護層を増やして、ズレを防ぐ固定法を改善したニュータイプを開発しました。

これが、現代医療で一般的となっている「N95マスク」の原型とされています。

 

💠若き日伍連徳様です💠

f:id:syounagon:20210610120043j:plain

 

そして、ペスト菌を発見したのは北里柴三郎様です🌟

医療の挑戦者たち(33)ペスト菌の発見②(北里柴三郎)

明治政府の命により香港に渡っていた北里柴三郎は、思わず声をあげた。

「これだ、ついに発見したぞ、ペストだ」。それは一八九四年六月一四日のこと。

長年に亘(わた)り人類を苦しめ多くの命を奪ってきた、ペストの正体を暴いた瞬間だった。‥‥

 

恐ろしいペストも、先人のたゆまぬ努力によって治療、予防ができるようになりました🌟

人類が新型コロナに勝つ日も必ず来ると思います🌟

 

[http:// ]

 

北大農場🐮のミルクは季節によって風味が違います🌟

北大マルシェ🍀の美味しいスイーツをふるさと納税で💖

北大クラークスミルクブランドのスイーツは、

北大周辺の厳選した店舗様でのみお取り扱い頂いている、

通常では極めて手に入り難い北海道大学認定の商品です。

希少な北海道大学農場産牛乳の風味が生きた素朴な味わいが特徴。

 

笑って免疫力を上げていきましょ🌟


www.youtube.com